読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なめらかさ

日常のなめらかねすがある

朝起きて、朝日を浴びて、朝食食べて、

外に出かけて、油を売って、昼飯食って、本を読んだら一眠りして、

おやつを頬張り、夕方チルして、夜はゆったりお酒を少し、歯を磨いたら、また明日。

1日目

あああああ

やってられん。

3日連続で約束を破り、4日目も約束の時間に遅れてくるとはどういうことだ?

人のことをなめすぎ。腹も立たない、呆れ、萎え。

つまりおれは人にキレることができない。

まさかね。

おれは気づいたんだ。

ただ単純に人にキレることができないだけじゃなくて、根本は根深いってことを。

今までそうだったよ。

いつの時も人にきれなかった。

キレる前に呆れる。

気持ちが抑制される。自分の感情を自分で制御することができる。

よく言えば感情をコントロールすることができる。

おれは実際めちゃくちゃ冷たい人間なんだ。

怒りの感情がなければ、喜びも薄い。ほぼ冷めてる。

だからプレゼントを貰ったら喜ぶんだとか、嬉しい表情をするだとか、葬式は悲しく装うだとか、いちいち考えながらやっている。

ない感情を、ない動作を取り繕って、生身の自分から発動しない言動をただ生み出して操り続けて、体に慣れさせている。

それもめちゃくちゃエネルギーを使う。人よりも気を使っているっちゃいる。

じゃないとおれはいつ何時も無表情で過ごすことができる。

もはや人間じゃねえwww

いや、新人類?www

笑えねえ。

 

まあ、幼少期に意見や感情を尊重されず、否定されるとそういう人格ができあがるよね。だけど親のせいにする気は無い。過ぎたことだし自分の人生を作り上げていかなければならん。

だけど、さらに残念なことに自分のやりたいことも分からんのだよ、何が楽しいだとかも。これってやばくないか?

多分、あ、これ楽しそうと思っても自分でそれを瞬時に否定しちゃうんだよね。

だからもう本当にとびきり面白そうじゃないとモチベーション保てないわけ。

これすげえよマジで。地獄はここにある(頭を指差す)?

 

まあ、でも今までそうやっておれがキレないことをいいことにつけあがる奴がいなかったことは感謝しないといけない。

そしてこれからそういう奴が出てきたらちゃんと言葉で言わないといけない。

それができないとおれは搾取され続けるだろう。

マジで戦いだな。戦争だこれは。

おれVSおれ。

ほんと厄介な秩序を体内に作り上げてくれたもんだよ。

この体内に張り巡らされた規則、ルールとの戦いだ。

こいつをまず壊す。

で新しい秩序を形成する。

でもこの壊すとこが難しいんだ。

そこらへんは次回に。

抜いたらクリエイティビティがすごい

最近眠れなさすぎてきつい。

ってのは贅沢な悩みだと思うけど、欲してるのは「一定以上の疲れ」なわけ。

春休みだし卒業も確定して呑気にブラブラいきたいけど、時間の使い方が下手なんだってことが身にしみてわかる。別にお金がなくてもやれることはたくさんあるはずなのに… 

 

筋トレは2日に一回してる。

ご飯は1日に1〜2回(ほぼ昼過ぎまで寝てるから)

4日に1日3〜4人と会ってる(別に会い溜めしてるわけじゃない)

本は読んでるけど、はあああ読みてええ読んでるう読んでるううって感じじゃない。これ残念だよね。岡本太郎読まなきゃ!

携帯はTumblrでリブログしてるかinstagramでストーリー上げるかTwitterでツイートするかメルカリに出品してる。

ストーリーに何を上げるかって?庭でお茶してるだけ。優雅でしょ?

ElegantでLuxury。

やることリスト100はまだ50も項目ないけど5も達成してさ、なかなか良い感じだと思うぜ。

てか抜いたらクリエイティビティがすごい。急速にどっか遠くに行きたくなるし、頭がグルグル回り出す。でも安定してないから禁欲しなきゃ。

 

 

 

2017年初頭はこんな感じだ未来のおれよ。

上にあげたSNSなんてもう覚えてないでしょ?

そんなもんだよ。気にすんな。

環境を変えろ。

 

 

ほお

今日は禁欲1日目です。

明日は2日目で飯です。

明後日は映画2本とショッピングで3日目。

金曜日は髪切ってお別れ会で4日目。バイバイ。

土曜日は多分ブログ書きます5日目。

日曜はメンノンの星座ラッキーデーなので何かあるかもしれません、6日目。

月曜は7日目パスポートを取って色々準備。

 

3月からは全て変わります。

なぜなら3月だから。

春ですね。春とは?春っぽいことをしましょう。

桜のようにチルのもあり、いくつかのことをやめて、いくつかのことを始めましょう。

おれも色々清算するよ。薩摩ん子にも三角関係にも森さんちゅ村上にもさよならして、巨乳の子と阿蘇に搾乳しに行った後温泉行くよ、そうするよ。で、授乳やな。

早寝早起きするし禁欲するしブログももっと安定感のある内容になると思う。

今は寝てないし朝だからね。

 

それでは残りの2月を楽しもうね。今日ですね。

さよなら2月〜

 

Be Yourself.

Stay Awesome.

Pi,Pick up you〜

回る夜

11時くらいに起きるとなんだか気分が優れない。

2時間後に家を出る必要があったので、ラップされた昨日の豚キャベに

ポン酢をかけていただいた。

 

録画していたリアリティバラエティ番組を見て、支度を始める。

駅まで歩く道のりは汗をかくには必要以上に距離があった。

汗をシャツに滲ませて少し早く駅に着いたが、どうやら電車は遅延しているようだ。

10分ほど遅れてきた電車に乗り、途中で快速に乗り換えて大学まで行った。

講義の手伝いを6時に終わらせるまで、後輩とコミュニケーションした。

先生の一人に違和感を感じ、それは終わりまで拭い去ることはなかった。

 

 

研究室に少し寄ったあと、ハチカタ駅前のカフェでチャイティーを友達と飲んだ。

その友達と会うといつも批判的になって文句を言ってしまうので、今後はあまり会わないようにしようと結論付けて別れた。

 

チャイティが効いた帰りの電車は、興奮というか変な気分だった。

いつもとは違う駅で降りて最寄りのショップで中古ゲームを買った後、

再び電車に乗った。

 

駅からの帰り道は音楽を一切鳴らさず(充電がなかった)に、黙々と歩きながら唸りつつ頭の中を回した。

踊ってはいない。踊るにはまだ早すぎる。

手を回して、目を見開いて、頭を上下に振って、口は横に笑って、夜道をズンズン進んだ。

 

家についてそのテンションで筋トレをして汗を流した。

すぐシャワーを浴びて今日は鶏の唐揚げとご飯を食べた。

母がイライラしていてそれに少し忠告した後夜遅くまでゲームをした。

チャイティーにシロップを入れて

今日、と言っても昨晩の話。

大学1年よりの付き合いで、しばらく会っていなかった彼と久しぶりに会った。

ツヤのある髪と毎度のことお洒落な服装を、連日のうだるような暑さからくる汗がより際立たせていた。別に何か目的があったわけではなく、7月の中旬からの留学を前に一度話しておこうかというキリのいいイベントの一種だ。ただ、何かに促され、求めるように今日の予定はスムーズすぎるほど進んだ。

駅近くの焼き鳥屋に入り、お互いの近況や、それとなく進む会話を楽しむ。

皮、砂ズリ、ささみ、豚バラ、トマトスライス。

ビールと梅酒2杯。

ささみタタキは4月の大阪での食中毒以来だ。おいしさに人間は学ばない。

 

1時間半ほどして外に出るとまだ空は明るく、2軒目の気になっていたうどん居酒屋に入ることにした。平日なこともあってか、予約せずとも席に座ることができた。

ジンジャエール黒ラベル、鯨ごま刺ともつ煮込み。

ネギがのった鯨は味付けポン酢と醤油が効いてうまかったが、もつ煮は煮込み不足で値段に対してボリュームもイマイチだった。

ジンジャエールは丁度いい甘さで、おいしく飲めた。

あまり覚えてないが、留学や就活、将来の話をした。

 

 

20時を越え、会計して外に出る。

冷房の効いた店内から、全身でムッとする暑さを感じて少し興奮する。

鼻孔から空気を吸い込んで喉の奥で味わうのも欠かせない。

そんな感情を共有しつつ、シメにうどんをすすろうかといつもの居酒屋に足を運ぶ。

しかし店休日。あしからずとな。

残念な気持ちになるほど酔いは覚めてなかったし、絶対にうどんを食べたいわけでもなかったのですんなりと受け入れられた。

こんな楽しい流れがパッと途切れそうになる時、意に介さずなめらかに次のステップに繋げる空気感を彼は醸し出すことが出来る。そんな彼が好きだ。

彼は母を愛していると言った。感謝しているとも。
当たり前のことに見えて、それを人前で口に出すことは多くの人にとって恥ずかしいことだ。だけど、堂々と嫌われてもいいからおれは言う。女の子にもね。

巷で話題のマザコンとは違うのがひしひしと伝わってきた。

 

そんなこんなでコーヒーショップでラテとチャイティーをオーダーして席に座り、いつの間にか映画の話になった。

彼は相当の映画好きで、ノーランのインターステラーを彼に薦められていざ見てみたら、映画館で見なかったことを激しく後悔した思い出がある。

おれが見た映画は全部見ていたし、おれが見ていない映画はもっと見ていた。

スパイクジョーンズのherでその世界観を共感できたのはめちゃくちゃ嬉しかった。

あのパステルカラーで彩られた未来といい、主人公の代筆業という職業といい、音楽や雰囲気も抜群に良かった。

 

9時半になり店を出た。

駐輪場で彼の自転車を取りに行く。

まだ帰りたくない気持ちともう満足した気持ちが同時にあって、その中で今しか感じ得ない街の雰囲気に半身をまどろませて閉店した角打ちの表にある椅子に腰かけ、話を始めた。

去年の暮れあたりから薄々と感じ始めていたこと。

学生が身の丈に合っていないブランド品を身につけ、プレゼントし、気持ちを高ぶらせることの虚しさ。自分が物を持っても満たされないことを他者に投影しているつもりはないが、この日本に漂う若者の閉塞感や苛立ち、数字に表される貧困を背にして人生の夏休みとかいう一時の快楽の貪りに右倣え出来るとは到底思えなかった。

彼は理解出来るが考えすぎだと言う。

そうだとも。周りを気にしすぎている。逃れられていない。

自分の世界にルールをつくっている。発言と行動に一貫性がない。

分かってきたことはいくつかあった。

  • 影響を受けやすい、ミーハー
  • 考えすぎ
  • 考えずに動け
  • やりたいことを見つけろ

彼は帰りの道中でシンプルな解を教えてくれた。

今回今一度自分を見つめ直すことができたと思う。

それに彼と話しがめちゃくちゃ合うことも分かった。

 

そろそろ映画も見始めよう。

考えずに動こう

うまい飯を食おう

いい匂いを嗅ごう

我慢せずにいこう

彼女をつくろう

少し自由になった。

f:id:mjtb:20160706021621p:plain

雲丹の和牛巻き

ここ最近は朝4時まで眠れない日が続いている。

そうやって冷静に客観視できているのは理由を自覚しているからで、季節外れのサーフィン(膝上)に明け暮れていることが最たる原因。

やめようと思ってもやめられないのが人間の性で、最近話題の清原さんの薬物中毒は元ポルノ中毒者として少し同感。あれはキツイ。もはやキツイかどうかすら疑問を持たないとも言える。今はそうでもないが、惰性で続けていることは片手分くらいある。

まあ、そんなこんなで朝7時に家を出るにもかかわらず、フラフラした頭でPS3にブルーレイを突っ込んでストラットン・オークモント社の成り行きをウィスキーとチョコを効かせて鑑賞する。ウィスキーはチョコと一緒に食すと良さが分かると聞いたのでやってみたが、相変わらず不味いことに変わりはない。チョコはチョコのまま食べた方がうまいに決まっている。蟹とか魚もそうだ。蟹ポン酢やゴマサバとかいう天才的な料理もあるが、基本そのまま食った方がうまい。野菜もそう。生野菜のうまさはセックスのそれを超える。セックスだけが快楽的じゃない。料理だって快楽的なはずだ。雲丹の和牛巻きはイメージするだけで唾が出るし、ビジュアルも抜群に脳汁の元。セックスより気持ちがいいことはたくさんあるけど、料理に対してもう少し快楽的になれば毎日たまらなく幸せだろう。大事なのは今日のご飯がおいしいことだ。